スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最後の晩餐

はい、どうもどうも。
生きてるぞオラァァァァァ
パラ☆Gです。こんばんは。

やー、命拾いしましたねぇ。
前回の記事の続きからじんわり書きますと…2月ですか…。

前回の記事書いた後、川崎にある虎の門病院分院って検査や入院特化した所に入院。
まぁ都心じゃこのスペース無理だよなって広くて綺麗な病院でして。
流石公務員御用達、飯が旨いんだこれが。あと大部屋でも病床一つ一つにDVDプレイヤー完備!

知ってたら暇つぶしにディスク何枚か持ってきてたよぉ…と思いつつ
ここは2泊3日位だっけなー?肝生検っていう肝臓組織の一部を採取して調べる検査を目的としてたんだが
「そんな殺人行為できません」と担当医に断られエコー検査止まり、圧迫するエコーと。
「まぁオペは非常に厳しいでしょう」とのお墨付きをいただき榊原記念病院に帰るんだが

どっちにしろこのままじゃ長くない、ってなわけで4月にオペが決定する。
決行日までの数週間退院し、友人やバンドメンバーと壮行会をして覚悟を決めいざ勝負

しかし…
事前入院し体調を整えていたのだが担当チームの中で意見が割れ
「倫理的にオペ決行はできない」との裁定を予定日3日前にいただく。
もう一段上の決断が必要とのお話だったんだが、正直このままじゃ何ヶ月って話だったし
決断もなにもねぇ。なんと言いますが事後のためのマニュアル的な事なのかもしれないけどね

少なくとも主治医の先生は凄く信頼出来る先生だし勝負するしかないと心に決めてたので
仮退院後の一発目の外来で、お願いしますっと。
危険なオペに挑まなくても、残された数ヶ月を家族や犬と過ごすのも選択肢として…
なんて言われてましたがそんなん俺らしくないなと。
カッコつけてる訳でもなく先天性の病気だからね、そんな最後のために何十年も生きてきたわけじゃないし

ってなわけで決行は6月
だいぶ弱ってたのもあり、叔父や叔母にちやほやされつつ勝負の時を待つ日々
にく
初叙々苑

すいか
初銀座千疋屋のすいか

いやー美味かった。凄いなホント。


ってなわけで…
座ってるの辛くなってきたので次回に続く…
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sevillamaravilla.blog15.fc2.com/tb.php/1352-19b0784b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。