スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




新USAゴジラ、フルスイングしろ!

どんもどんも。



なんだかんだ言って無双SHORIOCHI遊んでおります…。
とりあえずストーリーモード呉魏戦蜀オの順で全勢力終わりました。

結構全力で遊んでますなw

個人的には戦国ストーリーが厳しかったすな…
島左近に特に興味が無いもので…。
その反動か出来れば避けて通りたい蜀が楽しく感じたw


問題のSHORIOCHIですが…
昨日初五丈原だったんですよ。
やっぱり酷いねwww

なんだろ、開始直後からステージ全部動作確認してるんかね?
後半、幾分か攻め込んで敵兵、敵武将減るとあからさまに軽くなるのよね。
その状態でステージ開始地点まで戻ればよかったなぁ
それで重かったら配置オブジェクト絡みよねぇ…。

赤壁はチェックする気にもならんわw


あとは視点位置をもう少し離して欲しいなぁ
これだけ近いとステージの起伏に馬で突っ込むと酔う…
右スティックで上下向きの調整は出来るんだけど固定は出来ないのよねぇ
オプションでこの辺の始点位置、向きの選択が出来ると良いねぇ。

欲を言えばステージエフェクトの質も二段階ぐらい用意してくれれば
SHORIOCHI問題ももう少し何とかなったかもしれないですなぁ。



まぁ、今後は許褚、孟獲、董卓の育成しつつ
ガラシャ可愛いガラシャ可愛いゆうて暮らしていきたいと思います。


さらに欲を言えば…
せっかく仙人も入り乱れる滅茶苦茶な世界なんだから
もっと巨大な敵将がいてもイイなぁ…。
バサラの巨大カラクリや防衛軍のソラスみたいなねぇ…。




えーそんなこんなで『もうそんなん散々議論され尽くしとるやん』で御馴染みの
いまさらDVD鑑賞レヴューの時間がやって参りました。
今回のお題は新型メリケンゴジラキモ!『クローバーフィールド』


サプライズパーティー撮影してたら何かキター!!!


もうストーリー説明終了w
そんな話なんですよ。

よく撮影手法で引用されるブレアウィッチプロジェクトは

映画学科の学生が森で撮影してたら何かコエー!!!なw


なんぞこの映画、
監督が日本に来たときに子供と玩具屋行ったら根強いゴジラの人気に驚き、
「アメリカにもこんなん欲しい!」って作ったそうな。
怪獣映画なんですよ。コレ。

それを『全米騒然話題沸騰 未知のパニックムービー日本上陸』なんてCM打っちゃうから
ハリウッドNO1ヒット大作!?って映画館に行ったお客さんは混乱するわなぁ。


今までの怪獣映画って言いますと
軍隊の抵抗を怪獣出現の原因を探る主要人物の視点で描く。
第二第三の怪獣が出現し怪獣同士の縄張り争いを描く。
だいたいこのパターンに+αした作品が主流でしたが、
今作は今まであった怪獣映画の第三の形として
非常に興味深かったです。

一般庶民が主観視点で『その時』をリアルタイムにハンディカムで切り取り
多少の演出あるものの((過去映像のカットイン等)そのまま観客に見せる。

それが映画になる為には登場人物間の日常としてのドラマと
地付き視点でも飽きさせない工夫、VFXだったりリアルな街の再現だったり。
結構それって大変なんですよねぇ。予算とか予算とか予算とか。

この映画は決して面白い娯楽映画ではありませんが、
『一つの信念を貫いてみた』ってゆうのを前提にすると非常に趣深い。
こんなことやりたい!!ってのが予算下りて映画になるのって凄いよなぁ。
こうゆう新しい挑戦に出会う機会って少ないんで
オイラは見てよかったなぁと思いますなぁ。

ただアイ・アム・レジェンド同様
私はニューヨーカーじゃないのが残念(´・ω・`)


しかし続編決まってるんだよね、
どうするんだろコレ?w
新しい挑戦が『ただの実験だった』にならんといいねぇ。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sevillamaravilla.blog15.fc2.com/tb.php/208-429d329d

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。